不運続きだから占ってもらったよ!四柱推命

ツイッターで知り合ったアラレさん

アラレ堂
https://t.co/bbygurJZ8e?amp=1

段ボールのロボット 孤独 投影される自己
段ボールのロボット 孤独 投影される自己

今年は、3月に父が癌で倒れ、8月に2年半働いていた派遣先を雇止めされ、次の仕事の面接にいくものの見事ブラック企業だったり、なんだか散々でした。

父が入院した病院も、高速で3時間もかかる遠いところで私の市に転院になるまで大変でした。

派遣切りも、6月末に告知され、実質1か月半で次を探すのは無理がありました。
なんせシフトでたった3人が休みをまわしながらやっている仕事を休みながら面接に何社も行くのは不可能でした。そのうち1人は台風や天気ですぐ吐いて帰っちゃうので、いないものとしてかんがえないといけません。

仕事探しも、自分の条件に合ったとしても、すぐ面接となるわけでもありません。

雇止め告知後1か月半『あなたは不要』とするこの職場に通うのは、とても辛くて精神をすり減らしました。というより、この期間は『生き地獄』でした。

辞めた後の3日間は、仕事が無いので落ち着かず、職業安定所で雇用保険が出るまではかなりつらかったです。

手相もみれるアラレさん

そんな失意の折り、ツイッターを始めました。
就職氷河期世代とつながって、心をなぐさめたかったのです。
ツイッターには、氷河期世代のツイートがたくさんあり、『わかるわかる』と共感することでだんだん元気になってきました。

そんな中、『占い師アラレ_仕事・育児』というアカウントのツイートを目にします。アラレといえばDr.スランプアラレちゃんだなぁ、なんか可愛い、と思いフォローしてみました。
占い師アラレさんは手相も見れるそうで、ある日
『簡単に、手相見て欲しい人、いないかな~?写真とか送ってくれたら140字以内で返信するよ』
とツイートが。
手の平の写真をTwitterにさらす位なんでもない!
と応募すると、すぐにお返事が。

・人に合わせることが得意
・結構マジメ
・実は本業以外やりたいことがあるがお金はまだ稼げない
・感情的になることは少ない

当たっている・・・!
昔からみてもらいたかったのに縁の無かった手相。
やはり当たるんだな!
古くから現代まで残っているものは本物なんじゃないかとやはり思う。

来年からの30年は幸運!

今日占ってもらったのは、四柱推命。
四柱推命とは、生年月日と産まれた時間で占うものです。
古代中国で産まれた占いで、
人は生まれ落ちたその瞬間から、生まれ持った性格や運勢があるという考えです。

私は去年と今年、12年に2年だけ来る大殺界(空亡)だそうで、来年からはとっても良い30年が待っているそうです
私の過去30年は、自分がうまく活かせない年回りだったそうです。

人生の後半が良いという占いが出て、すごく嬉しくなりました!

さらに、自分の恋愛傾向や、ギックリ腰に悩んでいることまでお見通しでした。

心のもちようで人生は変わる

美しい自然の摂理
美しい自然の摂理

四柱推命で、自分のバイオリズム、良い時や注意する時期を知るのはとても有効です。
人生は毎日、『判断』の連続ですから、自分の長所や短所・もって生まれた運命を知り理解していれば毎日の選択と決断を間違えることがなくなり、人生を前向きに生きられます。

自分がこの人生を生きる上で、知っているのと知らないのでは、生き方が全然ラクになる、改めて占いって良いなぁと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

化粧品専門店①